ワンオフ 牽引フック2
&ナンバープレートステー

2013/11/17

※画像の表示に失敗しました。
以前作成したステーを進化させて
レインホースを止めているボルトに友絞めするステーを作成してもらいました。

※画像の表示に失敗しました。
さらに、ナンバープレートのステーも取り付けできるようにしました。

※画像の表示に失敗しました。
牽引ストラップを取り付けるとこんな感じです。
バンパーの開口部をできるだけ塞がないようになってます。

※画像の表示に失敗しました。
牽引ストラップを出すとこんな感じです。

※画像の表示に失敗しました。
次に、ナンバープレートステーを取り付けます。
L字の金具はステンレスで、後はアルミです。

※画像の表示に失敗しました。
牽引フックステーの先に取り付けます。
※牽引フックステーと分けた理由は、バンパー脱着時の作業性を良くするためです。

※画像の表示に失敗しました。
先端にナンバープレートの角度調節ステーを取り付けます。
※ある程度の角度が調整可能。

※画像の表示に失敗しました。
角度調整ステーにナンバープレートの土台を取り付けます。
土台はレールのようになっているので、 角度調整ステーが填ることで
左右のガタツキを防いでくれます。

※画像の表示に失敗しました。
画像は街乗りの位置です。
この穴の位置を変えることで、左右にオフセットが可能です。

※画像の表示に失敗しました。
フォグが隠れない位置にオフセットできます♪

※画像の表示に失敗しました。
サーキット走行では一番端っこにオフセットします。

※画像の表示に失敗しました。
牽引フックが目視でき、バンパー開口部を全開にすることができます!

毎回参加しているサーキットトライアルでは
最近、牽引フックの取り付けを要求されます。
また、レギュレーションでナンバープレートは外してはいけないので
これならクーリングの妨げになり難いと思います。

しかも洗車の際、ナンバープレートの取り外しがボルト一本!
見た目も機能性も向上しました♪

Bodyに戻ります。